« 火災報知器は感度よく | トップページ | クロワッサンとパン・オ・レザン »

友達の作ってくれた夏用おそば

今日は35度を突破し、家も職場も暑すぎて、やる気が全然出ない。
今年のメロンやスイカはおいしいが、もうちょっと涼しくなって欲しい・・・。

昨日の夜は友達の家にて夕食をごちそうになった。
最初前菜に枝豆と焼き鳥とプチトマトが出た。
それからメイン↓。

Sobasalada_2

友達流「おそばのパスタ仕立て」。
おそばに混ざっているのは、ひじき・えのき・赤ピーマン・コリアンダー(パクチーとか香菜とか言ってるやつと同じ)。
おそばを茹でた後はごま油で和え、フライパンで炒めた他の具に混ぜたそうだ。
上から、ごまと生のコリアンダーたっぷり。
黒と白と赤と緑が混ざっていて、彩りもすごくきれい。
とてもおいしかった。
食欲が出て、おかわりしつつ、かなり食べた。

具を変えたり、ごま油をオリーブオイルにしてみたり、いろんなバージョンが楽しめそう。

私は白ワインとメロンとスイカを持ち込んだ。
写真の後ろに映っているワインがそれ。
Mercurey Bois-VIlain Moillard 1999
ブルゴーニュ、メルキュレイの白。
Bois-Vilain(ボアーヴィラン)という生産者が作ったものを、Moillard(もあやーる?)という大きなネゴシアン(ワインを取り扱う業者、自分で畑を持って独自ワイン作ったりもする)が瓶詰めしたもの。
Maillardは大きなネゴシアンだけど、ここが扱ってるワインはおおむね「平凡」「並」、でもひどいのもない、といったところだと思う。
1999はいい年だけれど、10年ものの辛口白ワインだし、その上スーパーで発見したものなので、大ハズレかもしれない・・・と友達にも念を押しつつあけた。
いくらスーパーでも、酢になったら売らないだろうとも思い、12ユーロ(1500円程度)ならダメでもしょうがないとも思いつつ・・・。
開けてみたら、最初、微妙にシェリー。
あ、やっぱりハズレか、このままダメになっていくかと思ったら、その後よくなっていって、酸味豊かな心地よいワインに。
香りもハチミツの香りが出てきて、とろみすらある、余韻も意外と長い。
けっこう元のボディがしっかりしてたんだろう。
これで12ユーロなら、大当たり。
食事ともしっかりあって、あまり飲まない友達も喜んでくれたもよう。

友達とぺちゃくちゃ11時ごろまで話し込み、その後帰宅。
夏バテの中、かなりうれしい、楽しい夕飯だった。

« 火災報知器は感度よく | トップページ | クロワッサンとパン・オ・レザン »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/45976739

この記事へのトラックバック一覧です: 友達の作ってくれた夏用おそば:

« 火災報知器は感度よく | トップページ | クロワッサンとパン・オ・レザン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ