« インフルと暑い夏の終わり | トップページ | たかがツナ缶、されど »

おいしいサーモンと外れワイン

疲れた時に取りあえず飲みたいものは?
私の場合はコーヒー。
エスプレッソをブラックで。
一緒にちょっと甘いものがあれば最高。
この暑い中、チョコレートを切らしているのがイタいところ。

人生最後に飲みたいもの、と聞かれたら、水でなければコーヒーだろう。
ここで酒飲みなら酒の銘柄がぼろぼろ出てくるんだろうから、かなり安上がりである。

ところが人生最後に食べたいもの、となると、難しい。
コンディションが最悪となると、食べる意欲がかなりなくなっているだろうから、チョコ、くらいかもしれない。
もっと根性があれば、松坂牛だろうけど。

とはいえ、元気いっぱいな今こんなものを思い描いても、たいてい外れるんだろうとも思う。
っていうか、なんでこうも健康診断で健康体なんだろうなあ。
疲れるとすぐお腹を壊したり熱が出たりする体質な割りには、どっこも悪いところがない。


夕飯のとき、赤を少し飲もうと開けたボトルが、大ハズレ。
ものは、Chateauneuf du Pape Guigal 2001 22.9ユーロ。
シャトーヌフデュパプ ギガル 2001
1ユーロ=135円計算で、約3100円。
これがこんなに悪いわけが無いのだが、コルクが悪かったか保存が悪かったか、もしくはその両方。
ちょっとしょうゆが入ってるもんねえ・・・(←ワインじゃないみたいだが、少し劣化するとこうなる)。
夕飯がサーモンソテーで、このワインに黒こしょうとか期待してたんだけど。
(ローヌの赤ワインは一般にスパイスの味わいが特徴)
脂ののったサーモンとローヌの赤ワインは、けっこう好きな組み合わせ。
サーモンの方は冷凍モノにしては、フライパンで焼いてもジューシーで、けっこうおいしかった。
こういうものには、赤ワインがいい。
ローヌワインの中で、シャトーヌフデュパプは、グルナッシュというぶどうが主体でけっこうがっちり野性味が強い赤だと思う。
ただし、ギガルのものはグルナッシュは控えめで、割とまろやかな作りなハズ。

ギガルはローヌのワインでは生産量の多い大手だけど、安心できるおいしさで、普通のコードデュローヌ(赤・白)から始まって、シャトーヌフドパップやコ−トロティまで揃って、いろんなローヌワインを試すにはすごくいいと思う。
赤ではコートロティはかなりおいしい(ちと高い)。
白もいろいろあって、コンドリューとかおいしいし。
ギガルのワインというだけなら、見つけやすいし、値段もそこそこ。
・・・とはいえ、ダメボトルじゃねえ。
サーモンを焼く時にも使ったけど、まだまだ余っている。
とりあえず料理用に残しておくことに。

« インフルと暑い夏の終わり | トップページ | たかがツナ缶、されど »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/46040989

この記事へのトラックバック一覧です: おいしいサーモンと外れワイン:

« インフルと暑い夏の終わり | トップページ | たかがツナ缶、されど »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ