« ミルク嫌いの母娘 | トップページ | キャベツ? »

家でクレープ(ガレット)

今日はピザが食べたい気分だった。
スーパーで見たけれど、コレというのに出会わない。
第一、家の冷蔵庫にはたくさんチーズがある。

・・・などと思いつつ、回遊していたらふとガレットの生地が目に入った。
黒い色のそば粉入りガレットの生地のパック。
ちなみにフランス語では、小麦粉の白いクレープを「Crepe(クレープ)」と呼び、黒いそば粉生地のものは「Galette(ガレット)」という。
どちらも薄くのばしたものである。
後は中身を入れて、ちょっと焼けばいいだけ。
屋台みたいなところでは、大きな鉄板の上で焼いているが、家にはそんなでかい鉄板はない。
だけど、中身を入れてたたんでアルミホイルに包んでオーブントースター(というかミニオーブン)で焼けばいい。

というわけで、クレープを買って帰った。
ちょっと酸味のあるフレッシュチーズを半分、もう半分はエメンタール。
どちらもてんこもりにし、卵も1個割って乗せる。
たたむにしてははみ出し度合いのすごいクレープを、アルミホイルに乗せ、オーブントースターに入れて焼く。
ほどなく香ばしいかおりが漂ってきた。

いやあ、おいしかった。
しかも簡単。
屋台で買うより安上がりで、ずっとうまい。
フレッシュチーズにコショウをたっぷりかけるたところが、いい感じ。
すごく満足。

ホントは一枚、デザートクレープにしようと思っていたが、お腹いっぱいで断念。
今度はほうれん草+フレッシュチーズ+スモークサーモン、あたりを試したいな。
少し料理のレパートリーが増えた気分(違)。

ところで、このスーパーのクレープ生地。
後ろを見たら数カ国語で表示がしてあり,その中に日本語もあった。
日本に輸出でもしてるのだろうか?
ただ、その訳がヒドい。ネットのフリー翻訳並み。

まず、そば粉が「木挽きのムギ」。
ムギじゃないって; 英語ではちゃんとBuckwheatになってるから、ソバ。
「環境の整った元で包装」(つまりきちんと清潔な環境のコントロールされた中でパックされた、というイミ)が「保護大気で詰められる」(←意味不明)
成分の中で、炭水化物、脂肪、タンパク質、栄養分(カロリーの事)はいいとして、「灰」という表示が^^;。
何なんだと思ってみたら、「ミネラル」のこと。
まだ、「鉱物」なら理解できるが、なぜ「灰」なんだろう。
というわけで、微妙にあやしい、でも、努力の跡が見られる説明があるのだった。

« ミルク嫌いの母娘 | トップページ | キャベツ? »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/44558436

この記事へのトラックバック一覧です: 家でクレープ(ガレット):

« ミルク嫌いの母娘 | トップページ | キャベツ? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ