« ウィーン | トップページ | NF2 (Neurofibromatosis type 2) 神経線維腫症2型 »

ウィーンのホテル

今回、ウィーンのホテルはStefanieというところ。
友達たちは日本から来てCapricornというホテルだったのだけど、そちらがいっぱいで一番近いところということで予約。
場所的にはセンター近くで空港からのバス停も近く、ロケーションばっちり。
その上、珍しく1人用の部屋がある。
たいがいは2人部屋しかなくて料金が1人でも2人でも同じだったり、1人部屋はシャワーしかないしょぼいのだったりするが、今回のは小さくてもとてもきれいな1人部屋。
しかも料金も朝食込みでかなりおトクだった。

で、この朝食。
フルーツやいろんなパンやハム、ソーセージ類、卵類、ヨーグルトにシリアル等々に混じって、なんとゼクトが冷やしておいてあった。
ゼクトとは、ドイツやオーストリアの発泡性ワインである。
ようはシャンパンが飲み物として置いてあったんだな。

・・・これぞ『朝シャン』(違)

生オレンジジュースなぞもあったので、思わずカクテルを朝から作って楽しむ。
なんとすばらしい休暇なんだ。
朝から顔を赤くしてはみっともないので、軽く。
こういう時、酒に強く色も変わらない人がうらやましい。

CapricornとStefanieは同じ系列のホテルだったので、友達に聞いたら朝食の内容はほぼ同じ。
で、彼らもむろん『朝シャン』『朝ミモザ』を楽しんでいた。

他のアルコール類は全く置いてなかったので、発泡性のワインだけが朝にも飲むものらしい。
他の国では見たことがないので、かなり驚き。
優雅な朝食を楽しみたい方、ぜひオーストリアへ。

« ウィーン | トップページ | NF2 (Neurofibromatosis type 2) 神経線維腫症2型 »

フランス国外の旅行」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
「朝シャン」に「朝ミモザ」ですか(笑)
日本ではありえませんねぇ。オーストリアはどこもそうなんでしょうか?うらやましい限りです(笑)

>どもです〜。って、咲魔さん?
違ったらごめんなさい。
オーストリアに宿泊は初めてです。
ザルツにはちょっと行きましたが、ドイツに泊まって日帰りだったので。
パリに比べると、すごーく安全そうなきれいな町でしたよ。
おススメです。

いいですねえ。朝シャン(笑)。
それこそ酒飲むと顔色の変わってしまう私にはムリですが、なんともまったり気分になれそう(^3^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/42648758

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンのホテル:

« ウィーン | トップページ | NF2 (Neurofibromatosis type 2) 神経線維腫症2型 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ